車検 お金がない 安くする工夫

車をお持ちの方は年に一回頭を悩ませる出来事があります。それは車検です。車検を通さなければ運転することができなくなるにも関わらず、一回の車検料金もなかなか高額になります。そんなとき急な出費でボーナスなども支給されない方だととても苦労されますよね。

 

特に問題なのが車検の金額が変動することです、オプション利用やどこで診てもらうかによっても料金というのはかなり差がでてきます。その差はピンきりとも言われていますがいざというときの補填代金も馬鹿になりません。そんな変動するお金にも耐えるためにも、いざというときに自由に借入ができる業者をストックしておくのは非常に大切です。

 

車検の相場・安く車検を受ける方法

 

車検は所持している自動車のエンジンの大きさによって料金が変わってきますが、ディーラーや街の自動車修理工場などに依頼をすると、平均して安くても10万円以上かかるのが普通です。

 

車検には税金や自賠責保険などどうしても割引をしてもらうことができないお金がいくらかあるので、どうしてもある程度の金額は必要になってしまいます。

 

しかしディーラーや自動車修理工場などで正規の車検を受けるのではなく、自分で行うことができるユーザー車検を利用すると半額近い金額で行なうことも可能です。また代行サービスなどもあるので、それらを利用すると格安で車検を受けることができます。

 

またガソリンスタンドなどで受ける場合は、早期に予約をしておくと割引を受けることができるなどのサービスもあります。

 

お金がなくて車検を受けずに走行するとどうなるのか

 

お金がなくて車検を受けずに走行するとどうなるのかというと、バレたら大変な目に遭います。無車検運行で減点6点、さらに6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金となります。

 

また車検を受けないようなズボラな人間は、自賠責保険も切れていることでしょう。無保険運行で減点6点、さらに1年以下懲役または50万以下の罰金が加算されます。ちなみに減点6点で、30日の免停、減点12で90日の免停となります。

 

クレジットカードで分割払いするメリットとデメリット

 

まずクレジットカードで分割払いするメリットは、一括払いで買えないような高価な物が買えることに尽きます。逆にデメリットは、分割払いはリボ払いがほとんどです。支払い期間が長くなるので、支払い総額が非常に多くなることです。

 

ユーザー車検のメリット

 

ディーラや整備工場で車検を行うよりも費用を安く抑えることが出来ます。自分が乗る車がどのように動くのか、知識を得ることが出来ます。

 

ユーザー車検のデメリット

機械いじりが苦手な人にとっては、不安な作業です。それに24ヶ月点検整備は、素人ができる作業ではないので、結局プロに任せる部分が出てきて、追加費用が必要になります。

 

コスト

 

車の種類や重量によって費用は変わってきます。必要となるものは検査手数料、自動車重量税、自動車損害賠償責任保険料、リサイクル料金となります。

 

車検をする詳細方法

 

ユーザー車検では事前に24ヶ月点検整備、書類の準備、運輸支局に車検を予約、といった準備をしておき、当日は運輸支局で申請書で申請書などを手に入れた後、検査手数料を印紙、証紙の形で用紙に貼り付けて支払います。

 

あとは検査ラインに車を移動させて流れに沿って検査をしていくだけです。すべての検査に問題がなければ合格です。