街金とは安心でブラックでも借りれる消費者金融なのか

街金から、安心してお金を借りることは出来るのでしょうか?

 

 

まずは、街金と言われている貸金業者について、簡単な説明をさせてもらうと主に都市圏に事務所を構え、小規模の貸金業を営んでいる業者の事をさしており金銭の貸し借りについては、事務所で現金の受け渡しをするか、貸した相手の口座に振り込む方式をとっています。

 

これら、小規模な貸金業者は、「審査が甘く、すぐに金を貸してくれるが高金利」である事が一般的でしたが、2007年の貸金業法の改定により、法で定められた上限金利以上での貸付が「違法」となった事を契機に、貸金業から撤退する事業者が相次いた事により、その数は減少の一途と辿っております。

 

逆に言うと、法を遵守して、で貸付業を運営している街金は、相談してみる価値はあると言えます。

 

しかしながら、街金業者の大半は、「資金使途」を不問で貸付をしていたところが多いです。大手よりも高金利で営業しているケースがあるので、出来るだけ利用する事を考えるのはやめておくのが無難です。

 

また、ネットで見かける「街金」の中には、貸金業の届出を出さずに貸金業を営む「ヤミ金」業者も混じっているかもしれません。
一見では街金なのか闇金なのかわからないという事もあるのです。

 

正規の消費者金融として届を出している業者から必ず融資を受けましょう。

 

街金は小さい規模の金融ではありますが、きちんと財務局長又は都道府県知事の登録を受けています。

 

中には架空の登録番号を掲載している業者もありますので注意する必要があります。

 

正規の金融業者か調べるには

 

どうやって調べるかは日本貸金業協会や金融庁のホームページを見ます。

 

日本貸金業協会

 

日本貸金業協会 協会員名簿

 

協会員を検索

 

金融庁

 

金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページ

 

あなたが借りようとしている街金は本当に闇金ではないのか確認してみましょう。

 

 

 

当サイトでは安心できる中小規模の消費者金融である街金をご紹介しています。
ヤミ金業者は、そもそもが違法で運営している業者なので、絶対にお金を借りるような事をしてはいけません。

 

街金の即日キャッシングは安心なのか

 

 

給料日前に、突然の出費が必要になった場合、キャッシングという手段が脳裏によぎると思います。

 

手元のクレジットカードにキャッシング枠があるならば、それを利用するのも一つの手段であり、立派な「キャッシングの利用」となります。
クレジットカードにキャッシング枠がないなら、新たに申し込みをしなければなりません。

 

銀行系やTV−CM等で見かける消費者金融系のキャッシングローンであればブラックリストに載っている等の事がない限り、申し込みをして、即日でキャッシング可能です。
基本的にきちんと返済さえすれば、問題はないと思います。

 

銀行系のカードローンや大手の消費者金融では審査が厳しいので借りれない場合は街金が頼れる存在になるでしょう。
審査が緩めなので大手ではダメだった人でも借りれる可能性が高いからです。

 

即日融資も可能と謳ってはいるものの、小さい規模の金融ですので今日中に絶対いるんだと伝えてもなかなか対応しきれないのが現状のようです。
大手とは違い少ないスタッフで対応しているので即日手元にお金が届くのは難しいというのが結論になります。

 

大手も中堅消費者金融も金利は日割りで加算されていくので、たとえば、給料日1週間前に5万円が必要となり、即日キャッシングに申し込んで、給料日後、即返済すれば、7日分の金利と元本の返済だけで済みます。

 

即日キャッシングが問題視されるのは、「簡単にお金が借りれるんだ」という錯覚から、金銭感覚の狂いが生じて、借金地獄に陥ってしまう事です。

 

急な出費でお金が必要になり、即日キャッシングを利用する事になってもくれぐれも自分を律して、きちんと返済する事を心がけて下さい。

 

間違っても、借金を借金で返すようなおろかな行為には走らないように気をつけてください。

 

本当に審査の甘い消費者金融はどこなのか?

 

審査が甘い金融で私が一番におすすめするのはフクホーという大阪の消費者金融です。
>フクホーの詳細はこちら
独自審査なので以前金融事故を起こして借りれない状況に陥っていても柔軟に対応してくれます。

 

審査の甘い消費者金融について考察

 

審査の甘い消費者金融について考えてみます。

 

まず、消費者金融系のカードローンは

 

・一定収入がある
・今までカードローンでの借入がない
・自己破産等、信用情報機関の事故情報登録がない=ブラックリストに載っていない
 (カードローンの借入をしていなければ、まず大丈夫だと思いますが)

 

この条件に当てはまる人であれば、恐らくは審査でNGになる確率は低いです。

 

2社目の借入れについて

 

また、既に消費者金融での借入がある場合でも、一般的には

 

・年収の3分の1以上の借入がない
・返済を3ヶ月以上、滞らせた事はない
・ブラックリストに載っていない

 

と言う条件であれば、2社目の消費者金融へ申し込んでも、審査が通る場合があります。

 

よって、消費者金融の中で、本当に審査が甘いのは何処だ?!
というような優劣は、あまり意味を成さないと思います。

 

消費者金融自体が、借入する条件さえ整っていれば、即日審査・即日借入が可能だという認識でいいと思います。

 

なぜならば、消費者金融の仕事は、お金を貸して、利息をとる事で収益を上げる企業体質なので、貸付に問題がない相手からの申し込みは、断る理由がないからです。
それゆえに、消費者金融を利用する場合は、計画的な返済プランが必要になってきますのでご注意下さい。

 

街金は大手に比べて審査が甘い

 

街金というのは、主に大手ではない消費者金融を指します。
中堅消費者金融でも大手並みの規模であったり、小規模な消費者金融でも限度額の設定が高かったりするので、ハッキリとした街金の定義というのはありません。
あえていうなら、昔からその地域をメインに活動している「街の金融屋さん」と呼ばれるような消費者金融が該当するともいえます。

 

顧客のメインは、何かしらの事情を抱えた人です。
勿論借金する訳ですから全ての人が事情持ちなのですが、その中でも大手消費者金融では借りられない属性を抱えた人たちに融資するのが街金です。

 

審査は基本大手より甘く、特にブラックリスト(金融事故歴)がある方も審査対象になります。
細かい審査対象は大手と違い、会社毎に異なるので一概には言えません。
債務整理対応とあっても、任意整理・個人再生の過去はOKでも自己破産の経歴はNGというところもあります。
減額分でも返済する任意整理・個人再生とは違い、自己破産は帳消しで一切払わないからです。
信用できるというラインが、街金によって違うのだと思ってください。

 

ただし、金利は高め…というより各金額帯の最高金利がほぼ確定です。
10万円までなら20%固定であり、また融資金額も10万円ラインがメインになります。

 

街金が審査が甘い理由って何?

 

人情的な部分…と言いたいところですが、ハッキリ言えば大手と同じ基準では商売にならないからです。
大手ではちょっと無理だけれどウチなら貸せるというラインを設定する事で、街金は上手く顧客を掴んでいます。
全体的に見ると、大手が厳しすぎるだけであって街金が滅茶苦茶に甘いという訳でもありません。

 

街金だから何でも審査に通す訳ではなく、大手が一つでもマイナスポイントがあれば全て弾くという営業方法なだけともいえます。
債務整理や延滞等の過去を認めない大手消費者金融と、現状の収入と返済能力を重視する街金の違いです。

 

仮に大手が今のサービス水準でブラックリストの顧客を融資対象にした場合、街金は一つ残らず潰れてしまうでしょう。
ただ今大手といわれている消費者金融でも、最初の規模は個人店舗であり街金レベルの会社だったわけです。
それが大手に成長していくにつれて、ある意味お客を選べる立場になったのです。
これが暗黙の了解でそうなったのか、自然とそうなっていったのかはわかりませんが…。

 

街金の独自審査について

 

街金の審査基準は様々ですが、街金が弾く共通点としては一つです。
それは、他社(消費者金融)に借金があり、その返済がまだされていない状態である事です。
所謂多重債務状態であり、これは街金であっても融資の対象にはなりません。

 

理由も簡単、新たに貸しても返済できるとは誰も思わないからです。

 

それ以外では、ブラックに対する対応が異なります。
債務整理ブラックは気にされなくても、クレジットカードの支払いが滞っている場合は審査落ちとなったりします。
公共料金の支払いは、余程延滞していない限り否決の対象にはならないでしょう。
そもそも、それを支払う為に借りるというケースが多いからです。

 

また、街金は対面を条件とするところもあります。
人によっては話術で何とか好条件を引き出そうとするかもしれませんが、街金は大体老舗であり、今まで何百人・何千人のお金に困った顧客と会っています。
生半可な演技で、担当者を誤魔化せるとは思わない方がいいでしょう。
変に繕うと、融資可だったものが信用できないと思われ断られるようなケースもあり得ます。
勿論騙しきれば逆のケースもないわけではありませんが、百戦錬磨の街金にそんな勝負を仕掛けるメリットはありません。
正直に現状の厳しさを伝えた方が、よほど審査に通る可能性は高くなるでしょう。

 

街金は追加融資してもらいやすい?

 

正直なところ追加融資はケースバイケースです。
会社によってかなり差がある上に、その人の現状と信用状態に大きく左右されます。
ただ、大手消費者金融と比べるならば、圧倒的に追加融資は厳しい傾向にあります。

 

特に金額は、街金の場合どれだけ信用を重ねても限界があります。
100万円レベルまで増額枠が跳ね上がる大手消費者金融に比べ、街金の限度額は大体が50万円です。
多くの街金はキャッシング専用カードがある訳でもないので、追加融資に関しては毎回交渉する事になります。

 

大手は審査には通り辛いですが、一度通ってしまえば完済経験や延滞の有無などから機械的に判断され、増額枠は規定である年収の1/3までは何処までも伸びていきます。
そして利用も無人ATMでキャッシュカードのように引き出せる(借りられる)ので、追加融資に関しては大手に勝てる部分は全くないでしょう。

 

大手を除いて街金だけでいうならば、追加融資は基本望み薄である所が多いです。
完済→再利用は割と簡単にできるのですが、返済中の追加融資は余程延滞なく完済した経歴が無い限り難しいでしょう。

 

一応DMとして追加融資の案内が届いたりしますが、実際申し込んでみると審査落ちになったという事も珍しくありません。
街金で追加融資を望むのであれば、まずは一度目を延滞なく完済して、ある程度の時をおいてからもう一度融資を申し込みましょう。