総量規制でも借りれた人っているのだろうか

すでに総量規制にかかる借入をしている人は大手消費者金融からの借入は実質困難です。年収の1/3を超えるお金の借入は貸金業法により制限されており安全な借入とは見なされないのです。

 

貸金業者ではない銀行からの借入は総量規制にかかることは有りませんが、審査が厳しい銀行からの借入が困難となれば、総量規制でも貸してくれる貸金業者を探すことになるでしょう。すでに年収の1/3を借入れていても何らかの事情によりお金が必要となった場合、総量規制の例外を使って借入れることが出来るかを確認してみることができます。

 

緊急の医療費による貸付や、配偶者の返済能力と併せた貸付、おまとめローンなどを使う場合は総量規制の例外が適用される場合があります。有価証券担保による貸付、不動産担保による貸付、売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付なども総量規制の例外とされますので様々な角度から検討することは出来ることになるでしょう。

 

またネット情報の中には総量規制でも簡単に借りられるというような金融機関の情報が見受けられます。これらの情報の信ぴょう性には注意する必要が有り、違法な業者からの借入は絶対にしないように気を付けなければなりません。貸金業者を利用する際は正規登録を行っている貸金業者を選択することが安全の確保に繋がることを忘れないようにしてください。

 

総量規制外で借りたいけどブラックでも借りれる?

 

消費者金融会社からお金を借りるときにボトルネックとなるのが総量規制です。これがある限り年収の三分の一までしかお金を借りることができませんので、総量規制外で借りる場合には総量規制の対象外である銀行などでお金を借りる必要があります。

 

銀行は総量規制の対象外になるので、たとえ年収の三分の一以上であってもお金を借りることができるといったメリットがあるのですが、その反面審査が非常に厳しいといったリスクが存在します。

 

特にこれといった事故情報のない人であっても、非正規雇用などの不安定な仕事に就いているという理由で総量規制外の借入を断られることが銀行ではよくあります。ましてや、ブラックの人が銀行で総量規制外のお金を借りるのはほとんど不可能になります。

 

もちろん、消費者金融会社には総量規制があるので、そもそも年収の三分の一以上を借りることができません。このように銀行もダメ、消費者金融会社もダメなため一見するとブラックの人が総量規制外のお金を借りるのは不可能のように感じられますが、唯一例外があります。それがおまとめローンです。

 

おまとめローンは多重債務を一本化する目的のローンですので、総量規制外でも申し込みができるといったメリットがあります。もともと多重債務者などの返済能力に問題がある人を対象にした融資サービスになりますので、審査の基準も比較的緩やかになります。

 

おまとめローンのメリットは何回申し込みをしても大丈夫なところです。通常の消費者金融会社であれば、一回申し込みをして断られたら、その後は半月以上は経過しないと申し込みをしても審査で落とされてしまうのですが、おまとめローンならば大丈夫です。

 

おまとめローンを提供している金融機関は数が多いので、ブラックの人でも諦めずに何度もチャレンジすることで総量規制外のローンを組むことができます。