絶対に審査に通るカードローンってあるの?

結論から言いますが、絶対に審査に通るカードローンはありません。

 

特にカードローンの傾向として、金利は低めながら審査は厳しいという特徴があります。
むしろ消費者金融の審査より、カードローンは審査に通り辛いといえるでしょう。

 

もしクレジットカードを持っていてキャッシング限度額は一杯でもショッピング枠に余裕があればお金を準備する事は出来ます。
キャッシングの審査が本当に厳しいと感じているならこの裏技を使うのも一つです。

 

>クレジットカード現金化について詳細はこちら

 

銀行系カードローンに関していえば、その銀行の口座を持っていれば多少審査が甘くなるという傾向はあります。
ただし審査が甘くなるというのは、借りる側には実感ができません。
その審査結果が、口座を持っていたからギリギリで通ったのか、それとも初めから問題なかったのかは誰も言いませんし判断できないからです。

 

ただ、インターネット基準で甘いとされている融資基準は、年収200万円以上・金融事故歴無しです。
勿論年収によって融資限度額は変わりますが、基本的には200万円からがスタートラインといえるでしょう。
その先は、返済実績による限度額のアップがありますが、基本年収の1/3以上は融資できないので、60万円前後が限度額といえるでしょう。

 

審査が厳しい金融に申し込みしても落ちるだけ

 

主に金融機関の審査は、信用をメインに判断されます。
過去の延滞履歴に加え、債務整理はしていないか、元々の職種に給料のばらつきはないか、自営業ではないか…というあたりが判断基準です。
年収はおまけであり、最低限あれば限度額がどこまで行くかというだけの違いになります。

 

そういう意味で、大手銀行カードローンを申し込む場合信用情報に傷があればほぼ審査には通りません。
ここに人情的な判断はなく、簡易審査通過→信用情報参照でアウトです。
対面すれば希望があると思う方もいるかもしれませんが、基本的に対応スタッフに例外を認める程の権限はありません。
故に、条件を満たしていれば通過、満たしていなければ審査落ちです。
人間性など全く関係ないのです。

 

絶対にお金を借りたいと思っても知人に借りるのはやめよう

 

また金融機関が利用できないからといって、知人に借金をするのはお勧めできません。
人間関係はお金のトラブルですぐ壊れてしまうので、借金が孤独を呼びかねないからです。
この手の噂は、すぐに伝わります。

 

「〇〇に借金を申し込まれたよ、そっちも気を付けて。」

 

こんな言葉が友人内を駆け巡れば、誰とも会えない状況に陥る可能性もあります。
また、たとえ借りて問題なく返済したとしても、相手はまた借りに来るかもしれないと考えます。
そうなると段々と、知人からの貴方の優先順位が下がっていくのです。

 

お金のトラブルが解決したとしても、家族や友人と疎遠になってしまっては意味がありません。
焦りで優先順位を勘違いしている方も多いのですが、そんなリスクを負ってまでお金を借りる事はないのです。
お金など利息を払えば専門業者が貸してくれますし、その後に取り戻せます。
しかし一度失った家族・友人間の信用は、全く同じ状態には戻せません。
ピンチの時こそ周りが離れていくという事態になるとしても、それは過去に借金をした自分の自業自得なのです。

 

カードローンが駄目なら、中堅消費者金融を訪ねましょう。
審査基準が会社ごとに違うので、案外あっさり借りられることもあります。
中堅を2社回って駄目だった場合、借金総額にもよりますが債務整理を考えましょう。
現状の信用では社会はお金を貸してくれないという証明であり、借金では解決できません。

 

金融はどこでも審査があるのは当然

 

消費者金融は、収入のある人なら誰でも申込みできます。
昔に比べるととてもオープンな雰囲気になったのでちょっとお金が足りない時なども気軽に利用できるのが便利ですよね。

 

しかし、必ずしも審査に通れるとは限りません。
ブラックリストに載っていたり、金融事故を起こした経歴があると審査は格段に厳しくなってしまいます。
どこか無審査で貸してくれる所があればなぁ、と思いますが闇金で無ければそんな事はあり得ませんよね。

 

しかし、ブラックや事故歴があっても審査に通りやすいという所ならあります。
中堅規模の消費者金融です。
審査はあるので絶対に借りられるとは言えませんが大手に比べればとても基準が緩い所が多いです。
ブラックリストで大手では断られたけど中堅で借りられたという人も大勢居ますので困ったときは利用してみてください。