家を担保 にお金を借りる

高額の借り入れを希望する時、自分の財産を担保に入れるという方法があります。

 

たとえば、持ち家などが代表的な財産ですね。
返済できなくなっても貸し主は損をせず、借りる側は大きな融資を受けられるというメリットがあります。

 

しかし、持ち家は言うまでもなく大切な財産です。
もし返済ができなくて取られてしまったら住む場所を失う事になりますし、家庭を崩壊させてしまいます。
本当に返すあてがあるか、誰も住んでいない手放しても困らないという家でない限り安直に担保に入れるべきでは無いですね。

 

土地を担保にお金を借りる

 

銀行などで大きな額を借りたい時、土地を担保に入れて審査に通りやすくするという方法があります。

 

銀行のキャッシングは審査が厳しく限度額も低いので、無担保では大きな額を借りる事は難しいですが土地という確かな財産を担保にすれば話は別です。
また、担保提供と言って子が親の土地を担保に入れて借り入れをする事も可能なので覚えて来ましょう。

 

どうしてもまとまったお金が欲しい時には便利ですが、もし返せなければ土地を失う事になります。
先祖代々受け継いだ大事な土地だったり、現在住居として使っている土地を失うとなれば大事ですので、失っても良い土地を担保に入れるような場合でない限りは家族、親戚にもよく相談して後々トラブルの無いようにしましょう。

 

また、無担保で比較的高額の融資を受けられる、中堅規模の消費者金融もありますのでそういう会社を利用するのも手段です。