消費者金融 審査が通らない時とは

 

消費者金融でお金を借りようとした場合、必ず審査というものがあります。審査が通らないとしたらどういうケースがあるのでしょうか。
審査で聞かれる項目では年収に応じた金額なのか、他の消費者金融でお金を借りていないかということが主に重要となります。

 

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

総量規制いっぱい借りている

 

法改正後、消費者金融で借りられる金額というのは年収の1/3となっています。収入があれば借りられるということでアルバイトやパートでも働いているというのであればその収入に応じた借入が出来る仕組みになっています。

 

収入があればどれだけでも借りられるというのではありません。
その人に返す能力があるのかどうかとうことを審査されるわけです。

 

複数の金融で何社も借りている

 

他ですでにキャッシングを利用している人が審査の依頼を申し込んで来た場合、他の貸金業者にもお金を返済していかなくてはならないのに、新規でまた借りようとしている人がいるなら、ちゃんと返してもらえるのか、と疑われても仕方ありません。

 

1社だけでなく2社以上で借りているとしたら尚の事審査が落ちる可能性は高くなります。

 

また、審査で他のキャッシングを使っていないと嘘をつくことも信用度がマイナスになります。
正社員として働いて安定した収入があり、キャッシングも初めてという場合であれば、ほぼどこでもキャッシングを利用することが出来ます。

 

ですが返す能力が低いと判断され信用度が低いと、やはり審査は通りにくいということになります。

 

銀行系のキャッシングであれば信用度が高くなければなかなか借りられませんが一般的な消費者金融であればハードルは低くなります。

 

自分に合ったキャッシング業者を見つけることが必要となるわけです。

 

銀行系カードローンは審査が厳しいので借りにくい

 

審査の厳しい順で言いますと銀行、消費者金融、中堅消費者金融です。
三菱東京UFJよりもプロミスの方が審査は緩く、更にフクホーなどの中堅消費者金融の方が審査が緩いという順です。

 

何かしらのブラックリスト状態であると、カードローンはほぼ不可能です。
カードローンに関していうと、所謂中堅消費者金融(街金)のような審査基準の所はほぼありません。
殆どが銀行・大手消費者金融がカードを発行しているからです。

 

延滞は審査が通りにくくなる

 

ブラックリストは、主に債務整理・支払いの延滞です。
債務整理は本人も自覚があるので納得できるでしょうが、問題は延滞の方です。
公共料金の支払い遅れや、携帯電話の分割金、大学生時代の奨学金等は全て延滞の対象であり、過去に遅れた経験があるとアウトです。

 

公共料金に関しては、流石に1ケ月ではブラックリストにはなりません。
ただし電気・ガス・水道は2か月以上延滞すると、〇日までに支払わないと止めますという通知がきます。
これが何回も来ているとかなり危なく、実際に止まった経験がある場合は延滞として登録されることになります。

 

一番多いパターンが、20代後半で審査を受けて落ちた→原因は大学生時代の支払い遅れだったというケースです。
就職してからはある程度しっかりと管理をしていた人でも、大学生時代は…という方は珍しくありません。
大体延滞で登録される情報が5年なので、22歳で卒業→26歳でカードローンとなると引っ掛かります。

 

そして審査落ちというのは、本人に理由を教えてもらえません。
故に何かの間違いだとカードローンを渡り歩き、気づけば申し込みブラックとなっている状況もありえます。

 

カードローンに限らず、金融機関の審査に落ちる時は必ず理由があります。
手違いで落ちたという事は、ほぼありません。
1回目に落ちた時点で、素直に自分はカードローンが利用できないという事を認めましょう。

 

消費者金融で審査に通りやすくするには

 

審査に通りたいためにたくさんの消費者金融に申し込むのはタブーです。
一度にあちこちで借りたがっていると判断されてそれだけでペナルティを課されることになります。

 

しかし消費者金融の審査が厳しく通らなかった場合、また次の他者に申し込むのは当然なのですがあまりそれを一度に申し込んでしまうのは会社側も良くは思われません。

 

審査のときに他でも申し込んでいるがどうするのか?という内容の趣旨を問われることがあります。まずは一つ審査を申込み、その結果を待ってから次のキャッシング会社に申し込むのが有利だと思います。

 

申込みブラックになって借りられない

 

ブラックリストに載るという表現は正しくはありません。世間ではブラックリストが実在し借りすぎると「ブラックリストに載る」と思っている人がたくさんいます。

 

過去にキャッシング会社への返済が滞ったり借りた金額を返さなかったりするとそれが登録されてお金が借りられないケースが出てきます。それが俗に言う「ブラックリストに載る」と同じ意味になります。

 

それ以外にも「申込みブラック」というのがあります。他社でも借りたいと短期間で申込みしすぎると申し込みブラックと判定されます。申し込みに関しても個人信用情報機関に情報が流れていますので審査でばれてしまうのです。

 

 

Aさんは一つの会社で借りることが出来ました。はじめは勇気を振り絞ってキャッシングします。車のローンを自分の給料に比べるとギリギリに組んでいて月末になると苦しいのです。だからといって飲み会や遊びも今まで通り切り詰めることが出来ません。1社で借りてもまだ足らなくなってきました。

 

限度額があるので他のサラ金会社にも目が行くようになります。もう一つくらい借りてもなんとかなるんじゃないか・・

 

一つ借りるとキャッシングを利用することに壁を感じていないのでまた申込みを考えます。

 

他にも頼んでしまおう!
ネットでどんなところがあるか調べてみたら、たくさん出てきて片っ端から申し込んでみた。

 

その状況を申込みブラックになったというわけです。

 

ブラックリスト(?)ほどの長い記録ではないのですが、申込みブラックと判断されないように勢いよく多数のキャッシング会社に融資の申込みをするのは避けたほうが賢明です。

 

申し込みブラックとは

 

単純にいうと、消費者金融や銀行カードローン、その他ローンでの買い物の審査を短期間に受けすぎて、審査前に申し込みブラックと判断されて却下される状態の事です。
つまり、審査するまでもなく融資やローンは通らないという事になります。

 

結局の所、この申し込みブラックという状態が成立するのは、大手消費者金融や銀行系カードローンの審査基準が、どの会社もそれほど変わらないという証明でもあります。
あそこで無理だったのであれば、ウチでも無理(審査する必要がない)という事です。

 

逆に言えば、何処かひとつ大手の審査に通れば、他でも断られる事はほぼないでしょう。

 

申し込みブラックの基準は割と曖昧ですが、避けられる頻度は3か月に1回程度だと思われます。
1ケ月に3回申し込んですべて断られた場合、間違いなく申し込みブラックの状態になります。

 

若干ややこしいのですが、会社の規模が同じところを回っても、1社目が駄目だった時点で2社目もほぼ審査には通りません。
特に大手消費者金融は審査基準こそ明かされていないという体ではありますが、審査基準は同じといってもいいでしょう。

 

年収200万円以上、金融事故歴無し。

 

これが絶対条件であり、殆どの方は金融事故歴で落ちています。
これは貸金業者の延滞だけではなく、分割払いローンの支払い遅れ等も対象になります。
一番多いのは、携帯電話・スマホの本体料金の分割遅れです。
色々なプランで割引され、何が料金なのか分かり辛いところではありますが、キャリアの支払いも立派なローン(分割払い)です。
大体の方は、気づかぬ延滞が信用情報に記載されている為に審査に落ちているのです。

 

一応、申し込みブラックも金融事故歴に入ります。
ただし申し込みブラックは審査落ちから始まるので、他に原因(金融事故)が無ければ審査にはそもそも落ちません。
単独で成立する金融事故ではないので、実質関係はありません。

 

申し込みブラックにならないようにするには

 

これは中々難しいのですが、そもそも申し込まない事です。
1社で審査落ちになった以上、同じ規模の消費者金融・銀行系カードローンでは次を試すまでもなく審査落ちします。
申し込みブラックの条件は短期間の連続申し込みなので、ここを期間をおいて対処すればいいのです。
3か月〜半年あければ、まず申し込みブラック状態にはならないでしょう。

 

しかし、問題はそこではありません。
借りられなければトラブルを乗り越えられないのに、申し込むなといわれてもどうにもならないのです。
つまり正しくいうのであれば、申し込みブラックにならないように借りるにはどうしたらいいか?となります。

 

ですが、そんな方法はありません。
大手・銀行系カードローンは審査基準がほぼ同じであり、特に銀行系は金融事故歴にはかなり厳しい傾向があります。
これの難しい所は、金融事故歴で落ちている場合収入ではどうにもならないという事です。
例え基本基準の倍である年収400万円があったとしても、審査は杓子定規に落とされます。
顧客一人一人の事情を汲んで、できるだけの対処をするという事はありません。
何故なら、今の審査はほぼ事前の情報審査→信用情報の参照で決まるからです。
人情が挟まれる余地が、元々ありません。

 

申し込みブラックを脱却するには

 

対処は一つ、現状の延滞分を素早く清算し、時が過ぎるのを待つ事です。
金融事故には掲載期間があり、それぞれ案件によって年数が決まっています。
例えば債務整理なら、5年〜10年が経過すれば信用情報からは消えます。

 

悲しいながら、金融事故歴を抱えている以上申し込みブラックを回避することはできません。
申し込みブラックを承知の上で審査してくれる金融機関は存在しますが、申し込みブラックそのものを取り消す・終わらせる事は不可能なのです。

 

過去の延滞歴が引っ掛かっている場合、ある日突然審査に通る事もない訳ではありません。
ただ債務整理と同じく、ローン延滞履歴も基本的には5年間残ります。
払い終わった、契約が終わったからといってすぐに消える事はありません。

 

申し込みブラックは他に原因が必要なので、記載期間が終われば自動的に解除されます。
ただ、改めて金融機関の審査に通るかどうかは、また現状の収入・状態次第です。

 

申し込みブラックでも借りれるのは中堅消費者金融

 

申し込みブラック状態でお金を借りるには、中堅消費者金融しかありません。
別名街金ともいう、定義が曖昧なところがあるのですが、CMを打っていない・全国にチェーンが無い規模の小さな消費者金融だと思ってください。

 

地域性があるので、特定地域では大手消費者金融より有名という事も珍しくありません。
特に大阪ではフクホーは名が知られていて、初利用が大手ではなくフクホーという方もいるでしょう。
創業50年以上の実績があり、信頼できる企業です。

 

関東ならエニーが有名で、こちらは最近全国展開もしています。
特別審査が甘いのも知られていて、他ではかなり厳しい方でも可能性があるといえます。

 

この中堅消費者金融に共通している点は、現状の状態で審査をしてくれるという事です。
元々大手で審査に落ちた人の受け皿的な面もあるので、申し込みブラック状態でも審査対象にはなります。
特に金融事故歴が現在進行形ではなく過去の場合、問題になるのは収入だけでしょう。

 

逆にフクホーやエニーで審査落ちした場合、それは申し込みブラック以前の問題です。
債務整理を考えるべきであり、お金を借りている場合ではありません。