初心者でもお金を借りたいなら大手

 

お金が足りないときに不足分を簡単に補ってくれるキャッシングはいざというときにもっとも頼りになる金融サービスです。面倒な手続きもなく、審査スピードは早く、オンラインから申し込みができるので忙しい人でも簡単に利用できるといった気軽さが大きなメリットになるのですが、今まで一度もお金を借りた経験のない初心者が利用するのであれば大手がオススメです。

 

大手がオススメされる理由としてまず金利の低さがあります。消費者金融会社は大手ほど金利が低く、中堅消費者金融会社、街金融と知名度が低くなるにつれて金利が高くなるといった傾向がありますので、余計なコストを省きたいのであれば大手が良いです。

 

さらに、大手は中堅や街金と違って資本の規模が段違いに大きいため、借りようと思った矢先に倒産されるといった利用上のリスクが少ないといった点も魅力です
そしてなによりも大手はテレビコマーシャルをするほど知名度があり、社会的な評価も非常に高いため安心して申し込めるといった心理的なメリットがあります。

 

消費者金融会社というと昔は強引な取立てが多かったため今でもネガティブなイメージを持つ人が多く、大半の人はできるだけ利用せずに避けた方が良いと考える傾向があります。しかし、社会で生活していればどうしてもお金が急遽必要になることもあり、そのような時に安心して申し込みができるのが大手になります。

 

ちなみに、大手の消費者金融会社になると無利息キャンペーンやキャッシュバックなど、魅力的な特典もあるので、心理的にも経済的にも初心者の方にオススメできます。

 

審査は厳しいけど銀行系キャッシングのメリットは安全・安心に借りられるということ

 

簡単、便利なキャッシングでお金を用立ててみようかなと初めてのキャシングを試みる時、あなたは数ある金融機関の中からどこの業者を選択しますか?

 

貸金業法の改正により消費者にとって以前のような不利な貸し付けは行われなくなりました。しかし借入れる金融機関を選択することにより少しでも有利にお金を用立てることは可能なのです。

 

さて、キャッシングは大きく分けて、銀行のカードローン、銀行系消費者金融、消費者金融からのものが考えられます。
お金を借入れる時に必ず通らなければならないのが審査と言う関門。

 

急いでキャッシングをしたいとなれば貸金業法の傘下で営業を行う銀行系消費者金融や消費者金融からの借入を考えることになるのではないでしょうか?銀行からの融資は審査にちょっと時間が掛かるのが当たり前というのが常識にもなっていますからね。

 

即日融資、無利息期間サービス、お近くのコンビニATMなどの利用が簡単なキャッシングは消費者にとって大きな魅力となります。銀行系キャッシングは大手消費者金融に見られ、有名なところで、プロミス、アコム、モビット、ノーローンなどが挙げられます。

 

これら銀行系キャッシングのメリットは安心で安全だということでは無いでしょうか。豊富な資金力を持つ銀行を後ろ盾に持つため低金利での借入も可能になっています。審査の高速化による即日融資を謳い、無利息期間をサービスするなど消費者が求めるあらゆるニーズに巧みに応えてくれるのが銀行系キャッシングの特徴です。

 

お金を金融で借りたらその後困る事やペナルティになるのか?

 

急な出費で困ったときに頼りになるのが消費者金融会社ですが、今まで一度も借りたことがない人にとって初めての申し込みは不安なものです。特に、借りた後どのようなことが起こるのか、具体的なことは実際に利用してみないとわからないので、最初は誰でも申し込みに二の足を踏んでしまうものですが、消費者金融会社は借りるだけなら特にデメリットは存在しません。

 

消費者金融会社にキャッシングの申し込みをすると、まず審査が行われます。審査の際には職場に在籍確認の連絡がはいるのですが、基本的に銀行も消費者金融会社も申込者に配慮して個人名を名乗ってくれます。

 

金融機関からお金を借りていることが申し込みの段階で発覚することはまずありませんので、家族にも内緒にキャッシングに申し込めるのです。

 

審査が無事終了すると、キャッシングの申し込み手続きは完了です。この状態でいつでもお金を借りることができるのですが、借りるタイミングはこちらで選ぶことができるので、申し込み手続きが全て終わったからといってお金を借りたことにはなりません。

 

審査が終了すると金融機関が発行するカードが自宅宛に送られます。このカードを通じてお金の貸し借りが行われます。銀行や大手の消費者金融会社ならばコンビニのATMでもお金を借りることができます。つまり、ATMからお金をおろさない限り借金をしたことにはならないのです。融資の方法は金融会社にもよりますのでまた直接振り込みするというケースもあります。

 

お金を借りた後、返済日を過ぎたにも関わらず返済を怠ったりすれば信用情報機関の履歴に傷がつくといったペナルティや、遅延損害金などの損失が発生しますが、時間厳守で返済している限りデメリットは存在せず、キャッシングは生活に潤いをもたらしてくれます。

 

お金を借りる時に必要な書類とは 準備するべき事柄

 

在籍確認について

 

消費者金融でお金を借りたり、ローンを組んだりする時には審査がありますよね。

 

審査の基準は会社によってそれぞれですが、中には「在籍確認」をしている所もあります。
申込み時に申告した勤務先に、本当に在籍しているかどうかの確認ですね。
賃貸を借りる時も在籍確認がある場合もあります。

 

通常ならば、お客さんの観ていない所で行われる確認ですが、ブラックの人にも融資をしている中堅規模の消費者金融などで、どうしても普通の審査では貸すのが難しいというような場合は本人の目の前で在籍確認をする場合もあるのだとか。
普通に勤めていれば特に問題の無い審査ではありますが、結構気まずいですよね。

 

在籍確認されたくないという人は、「在籍確認無し!」と宣伝している会社に申し込むのが良いでしょう。
しかし、ブラックの方で在籍確認無しと宣伝されている金融はほとんどありません。

 

お金を借りる時に必要な書類とは

 

お金を借りる時には提出しなければならない書類があります。

 

まず、どこの消費者金融でも確実に必要な物は本人確認書類です。
免許証、保険証、パスポートなどですね。
外国人の方であれば、在留カードや特別永住者証明書が必要です。

 

ここで気を付けたいのが、書類に記載されている住所が現住所と合っているかどうかです。
もし、引っ越しなどをしたばかりで現住所と異なる場合には、発行から6か月以内の現住所の載っている公共料金の請求書や住民票などが必要です。
それから、希望額によっては収入の証明書が必要になります。
源泉徴収賞や確定申告書、給与明細などです。
こういった物はいつも手元にあるとは限りませんので、申込みをする前に利用する会社の借り入れ条件を確認すると良いでしょう。

 

さらに額の大きなお金を借りる場合や普通の審査では通らなかった場合、プラスアルファで何かしらの証明書を出してほしいと言われる事もあるそうです。

簡単にお金を貸してくれるキャッシングのメリットとデメリット

 

大変便利なサービスで、イザと言う時は、助けになってくれるのは事実です。

 

そんな便利なキャッシングサービスですが、利用する前に、メリットとデメリット
を把握する事をお勧めします。

 

そして、今の自分に本当に必要なのか再確認してから、利用するようにしましょう。

 

まずは、キャッシングサービスのメリットから。

 

【キャッシングサービスのメリット】

 

・最短、即日審査で、最大で自分の年収の3分の1までのお金を即日利用できる。

 

・一定収入があれば、多重債務等の信用力がない状態でない限り、審査が通る。

 

・今では、24時間コンビニのATMで利用する事が可能

 

今や、キャッシングサービスに申し込んで、審査をパスすれば、24時間いつでも
コンビニでキャッシングが出来るようになっているのです。

 

続いて、デメリットを見てみましょう

 

【キャッシングサービスのデメリット】
・手軽にキャッシングできるインフラがあるが為に、自己管理を怠ると
 あっという間に限度額まで使ってしまう。

 

・すぐに借入が出来る事を知ってしまうと、返済が滞った時に、すぐに
 別のキャッシングを申し込んで、「借金を借金で返す」というような
 負のスパイラルに陥ってしまう。

 

すぐに借入が出来るというのは便利ですが、自己管理を怠ると、あっという間に
多額の借金を背負う事になります。

 

緊急なお金が必要な事態に陥ってしまった場合、キャッシングを利用する事を
考える前に、まずは親や知り合いに相談する等、身内への援助を求めてから
にするべきです。

 

お金を借りるときの金利はどのくらい?

 

消費者金融からお金を借りる時に気に名rのが金利ですね。

 

金利に関しても利息制限法があり借り入れ金額に応じて金利が定められています。

 

お金を借りる時には下記の通りです。

 

10万円未満:年20%
10万円〜100万円未満:年18%
100万円以上:年15%

 

昔は出資法の上限金利29.2%まで貸金業法において決められていましたので、高金利で貸している金融業者がありました。ですが金利が引き下げられ出資法の上限が引き下げられ上記の貸付が義務付けられました。

 

10万以上100万未満の18%という金利に絞って見てみたいと思います。

 

30万を金利18%で借りるとなると年間の利息は5万4千円です。

 

一か月の返済するべき利息は4500円。

 

ということになります。

 

キャシングを利用するときの手数料についてなるべく損しない方法

 

キャッシングの便利さをいつでもどこでも必要な時に利用ができること!と考えている人はたくさんいることでしょう。
コンビニのATMが有るからいつお金が無くなっても大丈夫!なんて思っているのはあなただけじゃないのです。

 

24時間いつでもお金の出し入れ自由なんて喜んでいる場合じゃないです。あなたはきっとキャッシングの契約をする際、どうすれば低い金利で有効なキャッシングが出来るか?という問題と向き合ったはずです。え?貸してくれるならどこでも良かった?そんなことをおっしゃらずにちょっと聞いてやってください。

 

ATMの手数料を意識したことが有りませんか?10000円下ろすのに105円とか、時間外だと210円なんていう手数料がしっかりと取られていることをご存知ですよね?なぜかこの手数料は気にすれば気になり、気にしなければ気にならないという存在です。しかし、月に何度も時間を問わずそれを繰り返した場合、その手数料の合計金額はバカにはなりません。自分の預金をおろす銀行のキャッシュカードだって時間外はしっかりと手数料が取られてしまいます。この手数料を取られるくらいなら、アコムのATMで24時間年中無休、手数料無料のキャッシングをした方がいいです。

 

正直申し上げて、これはちっちゃい話と思われるかもしれませんが、時間外にお金が急に必要な時、コンビニや提携ATMで210円の手数料を払うより、アコムのキャッシングで利息を支払った方が安く上がるというお話なのです。あとは手数料無料の時間にお金をおろして微々たる利息と借りたお金をアコムのATMに即返済してください。アコム会員サイトからの振込手数料無料のネット振込みも可能です。お得な裏ワザです。

 

借りる前にはキャッシングのシュミレーションをしておこう

 

借りたお金は返すもの。お金に限らず、人様からお借りした物はキチンとお返しするのが当たり前です。キャッシングをする金融業者は、困っているあなたに至急でお金を用立てた代わりに金利という利益を受け取ることで生業をしているのです。赤の他人である金融機関があなたのためにお金を貸してくれるのですからこんなにありがたいことは有りません。

 

返済を滞りなくすることはその感謝の意を表すことにもなるのです。いくら借りるか?という問題より先に、いくらなら返済可能なのか?を考えるのがキャッシングをする際に重要視しなければならない課題です。ホイホイ借りることだけを考えていると返済が出来なかったという最悪の状態を生むことにもなりかねません。
現在、その返済額の目途を自分で確認するためのシュミレーションは必ずと言っていいほど金融機関のHPなどで見受けられます。借入希望額と返済期間を入力すれば簡単に月々の返済額が表示されます。実際の利用となれば、月日数などの違いからシュミレーションの金額と多少のズレが出てくる場合も有りますがだいたいの返済額を知るためには便利なシステムです。

 

ちなみに返済方式により利息の支払いは違ってきます。キャッシングは翌月一括返済が望ましいのでしょうが、それが適わない場合も有るため、返済方式についての知識は持っていた方が良いかもしれません。消費者にとって返済額が毎月一定であるリボルビング払いはとても安心なものです。しかしその分利息の支払いは嵩むことになるので余裕が有ればやはり短い期間での返済が望ましいのではないでしょうか。

 

1ヶ月(30日間)無利息でお金を貸してくれるプロミスというキャッシング会社

 

無利息期間をサービスで提供してくれるキャッシング業者が見受けられることが有ります。その中で30日間無利息を提供してくれる太っ腹なキャッシング業者の代表がプロミスです。

 

無利息期間サービスを大々的にCMする業者の意図は至ってシンプル。新規客を集めるためです。しかし、無利息期間サービスには各社様々な条件が有るのです。

 

プロミスの場合、30日間無利息期間のサービスを受けるために、申し込みから30日以内にプロミスポイントサービスに申し込むことが必要となります。そしてこのプロミスポイントサービスに申し込んだ時点の利用状況により無利息期間が変わる場合があるのでよく確認し理解を深めておくようにしましょう。

 

プロミスは利用(出金)した時点、利息以上の返済をした日から無利息期間が始まります。また新生銀行カードローンレイクは、新規利用に限り、借入額5万円までを180日間無利息か、借入額全額を30日間無利息の選択が可能となっています。

 

但しこれは契約日の翌日から無利息期間が開始し、無利息期間内にある返済を滞りなく済ませた場合の恩恵と心得ておきましょう。返済が滞った場合、遅延損害金と利息が発生することになるので注意です。

 

30日間無利息でキャッシングが利用できると聞けば、誰でもこぞってそれをお得に手に入れたいと考えますよね?
しかし、その条件は業者により違いがハッキリと判ります。無利息期間を最大限に活用するためにまず必要なのは条件をしっかりと把握することです。小さな但し書きほど良く目を通し、無利息期間を確実に有効活用する決意で臨んでみましょう。

 

キャッシングを初心者主婦が借りるならおすすめなのは?

 

収入が無い専業主婦にとって、お金の工面はちょっとしたストレスを生むことが有ります。どうしてもすぐに何とかしなければならない出費が出来てしまった。そのような時、主婦でも安心してお金を借入れる方法は存在するのでしょうか。現実的に、お金を借入れる際、必ず通らなければならない審査は、その人の支払い能力を見極めるために行われます。

 

さて、無職の主婦が借入を起こす際、何が審査の対象にされるのでしょうか。平成22年6月18日に完全施行となった総量規制により、主婦の借入は配偶者の同意書、配偶者と夫婦で在るとの証明が整っていれば、配偶者の年収の1/3以下の借入が可能とされています。ちなみに女性オペレーターによる女性専用ダイヤルを持つプロミスは、主婦でもパートなどによる安定した収入が有れば借入は可能であると謳っています。

 

主婦でも女性オペレーターによる専用ダイヤルを利用した相談が出来るのがまず安心です。旦那様に内緒で借入が可能と謳う貸金業者には少し注意しなければなりません。銀行業法傘下の業者からの借入であれば総量規制の範囲では有りませんが、そうでない場合、貸金業法の傘下で正規に営業を行う業者で有るかを確認してみましょう。

 

また、10秒審査を大々的に謳うモビットは主婦の強い味方です。パートでも定期的に収入が見込める人であれば申し込みが可能です。急ぎの出費を余儀なくされるのは主婦にとっても有りがちな実状です。モビッ+C33トは忙しい主婦にとって利用価値が高い貸金業者と言えるでしょう。

 

プロミスは1000円単位で借り入れも返済も可能

 

初めてキャッシングを利用するという方は大手のキャッシングをお勧めします。

 

プロミスの公式HPを訪ねるとあらゆる疑問が解消されていくのが判ります。
個人がキャッシングにより現金を借入する際、まず気になるのは限度額です。どのくらいまで借りられるのだろう?しかし、借入限度額ばかりを気にしているあなたに忘れて欲しくないことは、その借入額に対して利息がどのくらいかかり、返済額はどのくらいになるのだろうか?ということです。多く借りれば返済額もかさむのが当たり前。トータルで支払う金額は借入金を大きく上回ることになるのです。必要最低限のお金を借入れることがポイントになるのではないでしょうか。

 

プロミス公式HPのよくあるご質問のカテゴリーには、借入額についての質問が見受けられ、1万円でも借りられますか?という質問の答えはYES。限度額の範囲内であれば希望の金額で利用が可能であるとの回答が示されています。また、プロミスはシミュレーションで返済額の計算がすぐに出来ます。例えば極端な例ですが、限度額の範囲内内、10万円を12か月で返済する際の返済金額がきちんと表示されます。

 

但し1000円未満は切り上げというのがプロミスのルールです。キャッシングでお金を借りたい時、私たちはつい少しだけ余分に借りておこうかなっていう意識が自然に出てきます。千円単位でそれが可能ならそれに越したことは無いと思いませんか?キャッシングで次々お金が湧き出たら、それを全部使ってしまいたくなるのは多くの人間に見られる傾向です。芋づるみたいにお金をキャッシングで引き出すことは習慣化するべきことでは有りませんよね?必要最低限のお金をキャッシングし、借りたお金は出来る限り早く返済することが賢いキャッシングの利用方法なのです。

 

1万円借りる場合は無利息期間を有効に使うのが賢い

 

お給料日まであと数日。それなのに、お財布の中にもは一枚もお札が無いっ!預金の残高も無いっ!

 

あなたはこんな時、もしかすると命の危険に脅かされるかもしれませんね。食料だけは確保しておいたというなら命は大丈夫ですね。ただ、一銭もお金が無い、そんな時に限って、今来なくてもいいじゃないかって思うような出費が出てきたり、友達に遊びに誘われたり、これも一応不測の事態として心得ておいた方が良いかもしれませんね。

 

あと1万円あれば充分賄えるっていう時が有りますよね?心の安定を図るためにもそのくらいは常に所持していたいものです。さて、キャッシングはそんな時の頼もしい助っ人です。ただ、お給料が出たらすぐに返済することが可能な金額を借入れるなら利息を払うこと無しに無利息期間のサービスを行う業者を利用するのがイチオシです。キャッシングの意味を知っていますか?ローンとキャッシングは現在同じような使い方をすることが多いです。しかし、キャッシングはもともと翌月一回払いの返済方法を指しているそうですよ。なるほど!ローンと聞けば多額で長期の借入、それを均等に分割払いするイメージは有りますよね?小口現金を貸し付けるのがキャッシングというイメージも有ります。

 

今現在、1万円をキャッシングで借入れたいあなたは正に翌月一括でそれを返済することを目途にちょっとだけ貸しといてね・・・って言う感じの借入を起こそうとしています。なんというラッキー!無利息期間30日間サービスっていう業者は結構有るじゃないですか?新規限定とかネット申し込み限定などの条件を確認して速やかに手続きを進めてみましょうか。即日融資っていう魅力的なものも有りますね〜。