債務整理ってどうやるの?

借金で首が回らなくなった人の為に「債務整理」という措置があります。
自己破産をイメージする人が多いかと思いますが、自己破産となると財産を全て手放す義務がありますのでそう簡単には踏み切れないでしょう。

 

でも、自己破産の他にも債務整理をする方法があります。
例えば「民事再生(個人再生)」という方法ですが、こちらは借金を減額し、3年間で返済して行くと言う方法です。
住宅ローンには適用できませんし、瞬時に借金が無くなるというわけではありませんが財産を手放さずに負担を大きく軽減するという方法です。

 

また、裁判所等を通さずに、話し合いによって借金を減額する「任意整理」という方法もあります。
成立すればほとんどの業者は「以後の利子は払わなくても良い」としてくれますので、こちらも返済の負担が減らせる方法です。

 

どの方法が良いかは状況によって異なりますのでまずは弁護士さんに相談してみましょう。

 

サラ金の悩みを誰かに相談して解決したい

 

お金を借りてトラブルを抱えている・・身近な人に相談したいけど、なかなか打ち明けられるものではありません。告白したからと言って解決するとも限りませんし迷惑をかける場合もあるからです。

 

もし何か相談したいことが起きたら消費者金融の問題を受け付けている機関に相談することをお勧めします。

 

地域によっては広報で無料相談を受け付けているところもあります。無料でも有料でも相談するには予約が必要なことが多いので、前もって調べておくとよいです。

 

国民生活センター、消費者センター、貸金業対策課、日本弁護士連合会など、司法書士などいくつも相談できるところがありますので調べて相談に行きます。NPOの団体もあり相談が無料です。司法書士や弁護士では相談料金がかかるのでまずは無料のところから問い合わせてみるといいでしょう。お金が無くって困っているのですから相談料金まで支払いたくないですからね。

 

相談は一度で済めば良いのですが、一回目は内容を相手に伝えるだけで終わってしまうこともあります。相談する相手にもよるのですが時間が制限されているので納得するまで何度かお話しなければならない事も起こりえます。

 

お金を返すのが大変で困っている、知人の保証人になってその知人が行方不明になった、多重債務で問題を抱えている、という場合はそのような機関で相談するのも一つの方法だと思います。