ブラックリストについて

ブラックリストとはそもそもどのような事を指すのでしょうか?

 

金融でブラックリストになると規制がかかり、金融では借りにくくローンも組めなくなります。
このページではブラックリストの状態や確認する方法も紹介していますので自分はひょっとしてブラックリストなのかも?と思ったらお読みください。

 

ブラックリストとは

 

消費者金融でキャッシングをする際によく耳にする言葉でブラックリストというのがあります。
何度も借入をしているとブラックリストとして名前があげられたらどうしよう・・という心配をしている人も少なくないでしょう。

 

ですが実際にはブラックリストというものは無いのです。

 

ブラックと呼ばれる情報として消費者金融との間に返済が遅れたり自己破産をして返済が出来なかったという無いようが残ってしまいます。

 

消費者金融もお金を貸すことが仕事ですので返してもらわなければ損害になります。何かトラブルを抱えたようなお客であれば情報を共有したいと考えています。

 

そのような回収出来なかったケースのことを「事故」といいます。
その状態のことをブラックリストとして見なされたということになります。

 

ブラックと判断されてしまうと他で融資が受けにくくなりますので注意は必要です。

 

ブラックリストの条件って何?

 

信用情報機関に事故情報として登録されてしまう事を「ブラックリストに載る」
という表現が、世の中で浸透しております。

 

ブラックリストと言うと、事故情報をリスト化したデータないし帳簿があるという
イメージを持ってしまいますが、実際にブラックリストは存在しません。

 

では、どうやって信用情報機関に登録されて、どのような条件でブラックリストに載る
=事故情報として登録されてしまうのかを見てみます。

 

まず、クレジットローンやキャッシングに限らず、借入をすれば、必ず信用情報機関に
借入と返済状況が信用情報機関に記録されます。

 

それは、家のローンでも車のローンでも同じです。

 

これら借入に対して

 

・支払遅延を起こす
 (3ヶ月以上の延滞を起こす事を指します)

 

 

・支払を完了する前に債務整理をする
 (特定調停、個人再生、自己破産)

 

 

という状態に陥ると、事故情報として登録されてしまいます。

 

ブラックリストに載る条件とは、この事故情報として登録されてしまう事を指します。

 

信用情報機関に事故情報を登録されてしまうと、殆どの金融機関に情報が筒抜けと
なり、以後の金融取引に多大な影響を及ぼしてしまいます。

 

支払遅延や債務整理を起こすような借入はくれぐれも控えて、節度ある借入と返済を
心がける事が大事です。

 

ブラックリストの期間はどのくらいなの?いつ借りれるようになるの?

 

ブラックリストになると大手のキャッシングやカードローンではお金が借りれなくなります。

 

現実にはブラックリストという「リスト」は存在していません。
金融の評価で貸しても払ってくれないであろう人物として評価されているということです。

 

 

個人信用情報が金融の中で共有されていますので、レイク、アコムやモビット、プロミスのような大手の金融では審査に通らず断られてしまいます。

 

さて、債務整理や任意整理の後は返済して5年から7年で自己破産の場合は返済して5年から10年といわれています。

 

借金をしてきた場合、やはり貯金が無いので急にお金がいる場合とても困ってしまうというのが現状です。
仕事で車が必要だけれど中古で安いのでいいけれどお金がいるとか、子供のためにお金が必要だけど用意できないとか。

 

お金がない状況は人それぞれ違うと思いますが切実な問題です。

 

ブラックとされる期間は長いですので、それまでにどうしてもお金を作らなければならないときはブラックでも借りれる金融があるということを知っておいてもメリットだと思います。

 

ブラックリストの確認する方法は?

 

自分がブラックリストに登録されているかどうかを確認する方法としては
各信用情報機関の問い合わせ窓口に相談する事が、最も確実な方法です。

 

以下に、代表的な信用情報機関の問い合わせ方法についてまとめた内容を
ご案内します。

 

信用情報機関に問い合わせすれば、ブラックリストに載っているかどうか
等の情報を確認する事ができます。

 

【指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構】

 

@信用情報の開示で確認できる内容
  ・クレジットやローン等の取引に関する情報(利用額、残高)

 

A手続き方法
 ・電話による開示申し込み手続き
 ・郵送による開示手続き
 ・窓口による開示手続き

 

  なお、窓口による開示手続きは、東京と大阪の2箇所にしか
  窓口がありませんので、それ以外の地域にお住まいの方として
  電話か郵送による手続きが、手段として使えます。

 

なお、郵送による手続きと、直接窓口に問い合わせる場合は
法定代理人または、任意の代理人によって、確認できます。

 

手続きに関する費用は
・窓口問い合わせの場合・・・500円
・郵送の場合、    ・・・1000円

 

信用情報機関以外のブラックリストの掲載有無については
各クレジットローン、または各消費者金融の相談窓口で
問い合わせの上、自分自身が掲載されていないかを確認
しておいた方がいいでしょう。

 

ブラックリスト 信用情報の開示請求とは?

 

ブラックリストの信用情報の開示請求とは、各信用情報機関に
自分の個人情報の開示を求める事をいいます。

 

なお、信用情報機関は以下の3つがあり、各々母体となる金融機関の
違いにより分かれています。

 

@全国銀行個人信用情報センター(KSC)
 銀行系の金融機関からなる信用情報機関です。
 これら金融系には、銀行の他、信用組合、信用金庫、JA(農協)も含まれています。

 

 2012年3月末現在、会員数は1257会員、保有情報量は、8298万件となっています。

 

 

A株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
 信販会社(クレジット系)が母体の信用情報機関です。 

 

 2012年3月末現在の保有情報数は56,728万件になります。

 

 

B株式会社日本信用情報機構
 消費者金融関連の企業が母体になっている信用情報機関です。
 2010年に貸金業法に基づく指定信用情報機関として、内閣総理大臣の指定を取得しました。

 

 2013年1月末現在において、加盟総会員数は1453社、登録件数は2億7,527万件となっており
信販会社系信用情報機関であるCICに次いで、情報件数が多い機関です。

 

 

これら相互に信用情報をやり取りしていますので、いずれかの信用情報機関で事故情報として
登録されてしまうと、たちまち全信用情報機関に知れ渡る事となります。

 

信用情報の開示を請求するならば、自分の借入はどういった系列の金融機関なのかを把握した上で
該当する金融情報機関に問い合わせして、開示請求について相談してみる事をおススメします。

 

ブラックリストを解除したいが方法は

 

ブラックリストに載ってしまう=信用情報機関の事故情報に登録されて
しまった情報を解除するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず、信用情報機関の事故情報は、金融庁の指導で、最大5年間にするよう
に指示されています。

 

ただし、自己破産によるブラックリスト(いわゆる殿堂入り)の場合
その登録機関は、7〜10年になります。

 

なので、自己破産してしまった場合でも、最大10年間でブラックリストから
消えると思われてしまいますが、、債権者から「最大5年間の延長」の申請を
する事が認められていますので借金を返さないままでいると、延々と
ブラックリストに載ったままになります。

 

なお、時効や自己破産等で、借金が残った状態で返済義務を消滅させてしまい
その後も返済しないままにしておくと、当然、債務者には損害を与えた事になります。

 

信用情報機関とは別に、各金融機関は、独自のブラックリストを持っております。
もし、債務者に対して、返済義務を消滅させて返済をしなくなった債権者が出てきた
場合、その金融機関は、グループ関連会社にその情報を共有しますので、今後一切
その金融機関と、金融取引が出来なくなると考えた方がいいでしょう。

 

このように、ブラックリストに載ってしまった人が登録を解除してほしいのであれば
借金返済は大前提と考えるのが正しい判断です。