ブラックリストになるとどんなペナルティがあるのか?

 

金融でブラックリストになるとどんなデメリットがあるのでしょう。
一度ブラックリストになるとクレジットカードや車や住宅ローンは借りれるのか不安ですよね。

 

マイナス面をご紹介しますので実際ブラックリストだとしたら金銭的に計画したりイメージしておくためにもどんなペナルティが課せられるか知っておくのは大事です。ここではペナルティについて述べていきます。

 

ブラックリストではクレジットカードは作れないのか

 

 

消費者金融でブラックリストに載るとクレジットカードは作ってもらえなくなります。

 

買い物に便利なクレジットカードは1枚は誰でも持っているという時代です。ですがブラックリストに載ってしまっていると便利なクレジットカードが持てません。

 

消費者金融からお金を借りた場合、ちゃんと期日を守り返していればブラックになることはありません。どれだけ借りてもちゃんと滞りなく返せば消費者金融は何も文句はありません。

 

ですがそれを延滞してしまったり債務整理をしたりするとクレジットカードを作ることは難しくなるのです。

 

クレジットカードは金銭面において信用出来る人物だという保証がなければ持つことが出来ません。

 

ブラックになってしまうと長い間新規の借り入れは出来ませんので注意しなくてはなりません。

 

ブラックリストになると住宅ローンや自動車ローンは組めるの?

 

ブラックリストになると出来なくなることは新規で消費者金融でお金を借りる事やクレジットカードを作ることです。

 

大きな買い物も難しくなります。
ブラックリストになると住宅ローン、自動車ローンは無理です。

 

もし友達にお金を貸す場合、貸したものをすぐ確実に返してくれる人と、借りていることをすっかり忘れてしまうような人ではどちらを選ぶかということと同じです。

 

貸したものを返してくれない人物には消費者金融もシビアなのです。

 

もちろん銀行、金融会社は住宅ローン、自動車ローンを断るにしてもその理由は明かしてもらえません。

 

ブラックリスト・自己破産が及ぼす影響とは

 

ブラックリストに載るというのは、信用情報機関に「事故情報として登録される」
事を意味します。

 

厳密には、ブラックリストというものは存在しませんが、ここでは便宜的に、ブラックリスト
という言葉を使って、「ブラックリストに載ると、どんな影響を及ぼすのか」を、説明します。

 

まず、事故情報の登録についてですが

 

@延滞(返済期日を過ぎて、一定期間経過後も返済できない。または3回以上、遅延を起こす)
A債務整理(自己破産、民事再生等)
B代位弁済(自己返済が不可能に陥り、連帯保証人が代理返済している状態)

 

この3つのいずれかの状態に陥ると、いわゆる「ブラックリストに載る」状態となります。

 

ブラックリストで仕事が出来なくなる職種

 

ブラックリストに載ると「特定の職業に就業できない」という状態に陥る事があります。

 

具体的には、「自己破産」申請をして「破産手続開始決定が下りた後、免責許可の決定を受けるまでの間」
は、次の職業につく事ができなくなってしまいます。

 

・弁護士、司法書士、行政書士、税理士、公認会計士、不動産鑑定士、弁理士、社会保険労務士等の士業

 

・有価証券投資顧問業者・宅地建物取引主任者・公安委員会委員・保険勧誘員

 

・警備業者(警備員)・質屋・古物商・建設業者・風俗業者・合名会社、合資会社の社員

 

・株式会社、有限会社の会社役員

 

等。

 

ブラックリストが及ぼす影響として、新規の金融申し込みが受けられなくなるだけではなく、士業や会社役員
等の、社会的信用度の高い職業への就業が出来なくなってしまうというデメリットがあります。