クレジットカードでキャッシングをする時の注意点

誰でもお財布に最低1枚くらいは入っていますよね?そうです。クレジットカードのお話です。カード時代と言っても過言では無い現代、コンビニやレンタルビデオのカードにもクレジット機能がついています。

 

単なるポイントカードだと思って良く見たらクレジット会社のロゴが入っていたなんて後で気づいたことが無いですか?しかもこのクレジットカード、買い物の時に使うショッピング枠だけの機能には留まらず、キャッシング枠っていう現金調達の方法にもなるって言うじゃありませんか?

 

これってキャッシングを新たに申し込まなくてもいいのだろうか、審査も要らないのか、すごく便利なのか、
そんなあなたに、クレジットカードのキャッシング枠についてお話をいたしましょう。クレジットカードでお手軽キャッシングはとても便利ですがその金利についてあなたはまず最初に調査することが必要なのです。

 

クレジットカードの会社の利息も最近は利息制限法に沿った20%以内が多くなりましたが低金利な現代、その利息はまだ高いと言われる傾向も残っています。そして、クレジットカードのキャッシングは締日によりその支払利息が大きく変わります。

 

締日と引き落とし日が定められているクレジットカードは日割り計算で利息が加算されます。つまり締日より前にキャッシングすれば引き落とし日までの利息がしっかりと加算されるわけです。締日と締日より1日後のキャッシングでは30日分もの利息が違ってきます。
これを知る、知らないの差は大きな利息の違いとなるんです。

 

借りないためにキャッシング枠なしのクレジットカードを作る

 

何でも便利になってきている世の中ですが、不要なモノを不要です!と断る勇気が必要な時も有ります。クレジットカードは、海外旅行の際や、日常的なショピングで有効に活用が望めるスグレモノです。最近では、クレジットカードの利用によりポイントが付加され、そのポイントをためて色んなことに利用ができるシステムも見受けられます。

 

レンタカーを借りる際、現金払いでは無くクレジットカード払いだとお得ですよ!つまり現金支払いではあまり喜ばない加盟店が有ります。これにはきっと裏が有る?何も知らない私たちにとってクレジットカードは不鮮明でかつ不安を掻き立てる材料にもなるわけです。

 

ご存知の通り、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が存在します。お財布に現金が無くなって困った時には、クレジットカードがショッピングでもキャッシングでも利用が可能です。しかし、ショピングはともかく、キャッシングには使わないと言う方も多いのは確かです。万が一、クレジットカードを紛失した際、悪用される可能性も考えられます。
クレジットカードをこれから作ると言う人は、申し込みの際にキャッシング枠は不要ですとの申告をすることでキャッシング枠を0にすることはできるそうです。申し込みの際、キャッシング希望枠を尋ねてくれるクレジット会社も有りますが、何も言わなければ自動でキャッシング枠が設定されてしまう時が有ります。そのような場合はクレジット会社に連絡を入れ、キャッシング枠を0にしたい旨をお話すれば変更が可能となる場合も有るそうです。不要なモノは不要だと正直に躊躇せず実行に移しましょう。