ギャンブルで借金するという事

ギャンブルで借金する癖ギャンブルも借金も依存症になるから要注意

 

一番最初に断言しておきましょう、ギャンブルで借金するのは論外です。
そもそもギャンブルはお金に余裕がある分でやるものであり、ない時に稼ごうと思ってやってはいけません。
言わば、全く必要のない無駄な借金です。

 

分かりやすくするために利子を除外しますが、借金をして行うギャンブルは借金分も勝たなければいけません。
例えば10万円借りてギャンブルに挑んだ場合、最低でも10万円以上は勝たなければいけないのです。

 

そして、運良く10万円勝ったとしても素直に借金を返すかというと、殆どの人は返しません。
10万円+10万円=20万円を次のギャンブルの元金としてまたギャンブルに使ってしまうのです。
そして、こういうギリギリのギャンブルは大抵取り返す倍率(当たり辛い大穴、ギャンブル性の高いパチンコ・パチスロ)等で勝負する為、勝ちが続く事は稀です。

 

これは消費者金融でも、個人間の借金でも同じなので覚えておいてください。
ギャンブルで借金をする人は、例え勝っても返済はしません。

 

冷静になってみれば分かるのですが、ギャンブルはそもそもする必要がないのです。
やらなければ10万円を借りる必要もないのに、あえてそこから借金という選択をして無理矢理ギャンブルをする。
その時点で、借金をしている本人はもう正気ではありません。

 

勿論、借りる時は使い道をギャンブルとは言わないでしょう。
怪しいと思った時は、例え友人・家族でも貸さない事をお勧めします。
貸し続けて耐えられなくなり縁が切れるか、断った時点で縁が切れるかの二択です。
どちらにしても借金の申し込みがあった時点で、もう付き合いとしては駄目になるでしょう。

 

ギャンブルで借金する夫とは離婚した方がいい?

 

結論からいいますが、絶対に離婚した方がいいでしょう。
まだギャンブルをする夫というのであれば、あまり褒められたものでもありませんが許容範囲です。
しかし、ギャンブルで「借金」をする夫など、もうその先の夫婦生活に希望はありません。

 

借金の理由は様々ですが、理由がギャンブルの場合既に越えてはいけないラインを踏み越えています。
借金をしている時点で、既に財布にはお金がないのです。
借金先が家族であろうが消費者金融であろうが、夫以外の誰かがその借金を補填しなければいけません。
借金したお金は、既にギャンブルで使われていて残っていないからです。

 

極端な言い方をすれば、その事実が発覚した時点で家族が借金を背負っているようなものです。
返すお金は既に無く、次に入るであろうお金も夫はギャンブルに使います。
負債は限度額いっぱいまで膨れ上がっていき、やがて破滅するでしょう。

 

勘違いされている方も多いのですが、資産や財産は借金も含まれます。
勿論法的手続きをすれば解消できますが、ギャンブル夫と夫婦である以上無関係ではいられません。
現金以外の資産を夫が持っているかもしれませんが、換金性の高い物は殆どの場合既に売られているでしょう。

 

借金を背負うよりは、何ももらえない方がマシと考えて離婚する事をお勧めします。
夫の収入がどうであれ、借金をしている時点でマイナスなのでこの先の生活もできません。

 

ギャンブル依存症はどうやって治す

 

解決法だけをいうなら、強制的にギャンブルができない環境に引っ越す事です。
しかし、現代ではスマホ経由で公営ギャンブルの投票券が買えてしまう為に、それが不可能に近い状態になっています。
スマホ(携帯)と財布を取り上げるのは、今の世の中では流石に生活ができません。
かといって自制心がすでに消えているギャンブル依存症患者に、自力でギャンブル欲を抑える事は不可能です。

 

どこで何をしていようが、望めば物が買える・ギャンブルができる時代です。
非現実的な対策でいうならば、それこそ出家するしかないのでは…といっても過言ではありません。

 

出家する・財布を取り上げる・インターネット環境をなくすという方法で考えると、公営ギャンブルはまだマシな部類に入ります。
毎日やっている訳ではないので、場外投票券を買える環境(インターネット)さえ制限してしまえば、後は財布のお金を最低限にするだけです。
有害サイト指定でブロックを掛ける事も可能なので、ギャンブルできない環境を作る事は可能でしょう。

 

問題はパチンコ・パチスロです。
今や0.2円、0.5円パチンコ等も存在するレート破壊が起こっているパチンコ屋では、1000円あればとりあえず勝負ができてしまいます。
勿論公営ギャンブルは100円からできるのですが、パチンコ・パチスロの問題点は店が365日やっているという事です。
県の条例等で店休日がある地域もありますが、殆どは年中無休365日、10:00〜22:00の営業です。

 

ギャンブル依存症の殆どがパチンコ・パチスロであり、機械は中毒性を持たせるように作られています。
一度ハマって抜けられなくなってしまうと、笑い事ではなく出家するくらいしか環境を断つ事ができません。

 

タイトルは治すと書きましたが、ギャンブル依存症は基本的に治りません。
やらない期間を続けて中毒性を薄めていくのが唯一の対処法であり、ギャンブルを再開してしまえば元の木阿弥になってしまいます。

 

ギャンブル依存から回復した人の体験談

 

私がギャンブル依存症から逃れられたのは、運が良かったとしか言えません。
根本的に治ったというよりは、正気に戻るタイミングがたまたまできただけなのです。

 

きっかけは子供が生まれた事です。
子育て経験がある方はお分かりだと思いますが、子供が生まれると暇がありません。
2歳くらいまでは常に親が側にいなければならず、3歳〜6歳では何をするか分からないので乳児期以上に目が離せない状態になります。

 

忙しさという観点からいうと地獄の日々ですが、結局それが功を奏したのでしょう。
常に子供を見ている日々は、パチンコ屋に行く暇を全て奪ってくれました。

 

特に延々と親に借金をし続け絶縁状態だった私は、子育てに置いて頼れる人が夫以外に居なかったのです。
とはいえ夫はブラック企業顔負けの労働時間だったので、子供を見る暇もあまりありません。
それでも子供と何か関わりたかったのか、お風呂だけは絶対に一緒に入っていました。

 

それどころじゃないという環境と、ギャンブル以上に大切なものが生まれた事によって、私は正気に戻る事ができました。
ギャンブルがそれ程大切かといわれると今は違うと言えますが、当時の私にとってギャンブルより大事なものなど存在しなかったのです。

 

3歳になる頃に、夫に顔を見せに行こうと言われ絶縁状態の両親と会いました。
孫を見たい気持ちが勝ったのか、両親は一応私の事を許してくれました。
今は親に少しづつお金を返している日々です。
そうなって初めて、私が使った金額を稼ぐのが(貯めるのが)どれほど大変か思い知りました。

 

子供はもう中学生になっていますが、幸いにもギャンブルは手を出さずに済んでいます。
月並みな言葉ではありますが、他に大切なものを見つけるのが、ギャンブル依存症から抜け出す第一歩なのかもしれません。

 

ギャンブルでお金に困った体験談

 

私は学生時代からギャンブルにはまってしまい基本的にお金に困った生活を送ってきました。大学時代にちょっとした生活費稼ぎになればいいと思いパチンコやスロットに通っていたのですが当然のように負けの金額の方が大きいので親や友達、消費者金融にお金を借りてまで遊んでいたので社会人になりその借金を返すのが大変でした。

 

友達などに借りていたので当然その分は利子などはないのですが中小の工場の勤務している私は毎月1万程度返すのが限界で申し訳ない気持ちでいっぱいです。そろそろ家族や車がほしいと思っているのですが貯金もほとんどなく何も行動が起こせず少しでも貯金をしておけばよかったと後悔しています。

 

借金は返せたのですが贅沢をするほどの給料はないので休みの日はアルバイトをする日々で家族を持つなどは難しくいつも困っています。経済的にぎりぎり払えるくらいの金額だったので病気などをしないように気をつけるので大変です。

 

宝くじなどが当たってお金持ちになりたいと思い毎週買っているのですが当然のようにはずれるのでくやしいです。このままいけば70歳くらいまで働かないといけないのでそのことを考えると憂鬱です。